吉永小百合の夫・岡田太郎に現在死亡説が出ている?年齢差15歳で結婚を決意した理由とは!

吉永小百合さんといえば、和服の似合う大女優。

歌手としてNHK紅白歌合戦にも出場経験があり、作家としても活動され、「サユリスト」と呼ばれる幅白いファンがいる事で有名です。

  • 吉永小百合の夫が死亡?
  • 吉永小百合の夫との馴れ初めは?
  • 吉永小百合と夫に子供はいる?
  • 吉永小百合の元カレは超大物俳優!

今回は、吉永小百合さんの結婚歴を追ってみたいと思います。

吉永小百合の夫・岡田太郎の今!病気を克服した!?

 

吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんが死亡!?なんていうウワサがネットで飛び交っているようです。

 

岡田太郎さんは2014年の時(当時84歳)に「肝臓の重い病気」を患っていた事が判明しています。

 

一時は危篤状態に陥ったそうですが、先進医学と吉永小百合さんの献身的な看病も合わさって、現在は一命を取り止め退院できるほどに回復されたそうです。

 

退院後に吉永小百合さんは自宅をバイアフリーに改装されたそうですから、高齢ということもあって、もしかすると車椅子での生活をされている可能性もありますね。

 

いずれにせよ、死亡説はデマです。

 

吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんは一般人のため、普段はなかなか情報は出てこないのですが、もし本当に死亡された時には、必ず報道されるはずです。

 

なぜかといえば、吉永小百合さんの夫は、名前の通った大企業に関連した人物だからです。

 

吉永小百合の夫は元社長!15歳の年齢差で結婚を決意!


吉永小百合さんは、1973年8月3日にバツイチの岡田太郎さんと結婚されています。当時、吉永小百合さんの年齢は28歳、岡田太郎さんは43歳15歳の年の差結婚でした。

 

1973年頃は年の差結婚は珍しく、また吉永小百合さんの結婚相手が芸能人ではなく一般人であり、バツイチであった事で、世間はかなり驚いたようです。

 

吉永小百合さんの夫・岡田太郎さんは一般人ですが、ただの一般人ではありません。吉永小百合さんと結婚した当時は、フジテレビのディレクターであった岡田太郎さん。

 

その後は、フジ・メディア・ホールディングス(FMHD)の子会社で、フジサンケイグループの共同テレビの社長、会長、取締役相談役を歴任しているのです

 

吉永小百合さんとの結婚が昇進に繋がっているのは間違いないと思いますが、これは社長になれるほどの器があればこそですから、岡田太郎さんは類を見ない優秀な方であったことが伺えます。

 

吉永小百合と夫との馴れ初めエピソード!


引用元:yahoo!画像

 

吉永小百合さんは結婚当時の芸能界では、すでにスター女優。多忙さから心因性の失声症を発症するほど、大変なストレスを抱えていたようです。

 

岡田太郎さんとは19歳の時からの知り合いで、そんな彼女を心配して「声が出なくても、今出来ることを一生懸命にやっていれば、それは見てくれる人がきっといる」と励ましてくれたそうです。

 

そうした岡田太郎さんの言葉が心の支えとなり、交際に発展。吉永小百合さんは「精神的に辛い状況で、もう一回人間らしい生活をしたい」との思いに至り、結婚を決意したそうです。

 

両親からは猛反対を受けますが、吉永小百合さんからの逆プロポーズで結婚が実現します。

 


引用元:原寸画像検索

 

結婚をきっかけに、吉永小百合さんは1年ほど芸能活動を休業して家庭に入り「奥様業」に専念していました。

 

吉永小百合さんは、この結婚をしていなければ、女優をやめていたかもしれないと後に語っています。それほどに、岡田太郎さんの存在は吉永小百合さんにとって大きな存在になっていたのですね。

 

吉永小百合に夫との子供はいるの?

 

吉永小百合さんと夫・岡田太郎さんに子供はいません

 

まず考えられるのは、超多忙だった吉永小百合さんには、子供を作り育てる余裕が無かった事が挙げられます。夫の岡田太郎さんも同じように多忙で、一緒にいる時間が取れなかった可能性はあります。

 

しかし、1年の休業期間を設けている事から「出来なかったのではなく、あえて作らなかった」のではないかと思われます。

 

吉永小百合さんとご両親との間には恋愛・結婚について確執がある事が判明しています。

 

「両親からまともな教育を受けなかった」とも語っている事からも、ご両親との深い溝があることが分かります。そうしたご両親との関係から、自分は親にはならないことを選択されたのかもしれません。

 

吉永小百合が結婚出来なかった大恋愛の相手は「〇〇〇」!

 

吉永小百合さんは、岡田太郎さんと交際する前は、渡哲也さんと結婚寸前の恋人関係でした

 

1966年に映画「愛と死の記録」で初共演してから交際に発展し、渡哲也さんは仲間内で吉永小百合さんの事を「ウチのカミさん」と呼ぶほどの熱愛関係にありました。

 

当時からとてもモテていた渡哲也さん。「結婚してもお前が苦労するだけだ」とご両親はこの結婚に猛反対。

 

渡哲也さんは酔いの席で「なぜ俺の元に飛び込んできてくれないのか」と愚痴をこぼしていたそうですから、お互いに真剣交際だったのです。

 

 

しかし、吉永小百合さんはご両親の反対を振り切れず、「あなたとは結婚できません」と伝え、2年間の交際は終わりを告げ、渡哲也さんは青山大学の同級生である一般人の女性・俊子さんと結婚します。

 

吉永小百合さんはそのショックもあって失声症を発症し、しばらくの間、後悔に苛まれていました。

 

その時の両親を選んだ後悔がとても大きいものだったために、岡田太郎さんとの交際を大反対された時には、吉永小百合さんはご両親ではなく交際相手を選ぶことが出来たのでしょう。

 

芸能界では珍しく、離婚する事無く一人の人と長年夫婦生活を続ける事になった渡哲也さんと吉永小百合さん。

 

当時はお互いにとても辛い別れだったと思いますが、お互いに”この人を選んで良かった”と思う人と結婚出来たということなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.