内野聖陽と元嫁・一路真輝との離婚原因は「不倫」と「飲酒運転疑惑」だった!現在は「新彼女」と交際中で再婚はありえる?

内野聖陽(うちの せいよう)さんといえば、2003年のNHKで放送された「蝉しぐれ」で牧文四郎役で主役を演じ、放送文化基金出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞して、話題になった俳優です。

 

(内野聖陽さんは2013年7月までは、本名と同じ読み方で「うちの まさあき」として活動していましたが、生誕45周年を機に「うちの せいよう」に変更されています)

 

2019年4月から6月まで、テレビ東京で放送されていた「きのう何食べた?」では、俳優の西島秀俊さんと共にW主演・矢吹賢二役を務め、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞と、第101回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を同時に受賞しています。

 

  • 内野聖陽が元嫁と離婚した原因は何?
  • 内野聖陽の元嫁はどんな人だった?
  • 内野聖陽が現在交際しているといわれる彼女はだれ?

 

今回は、内野聖陽さんの嫁に関するウワサを取り上げます。

内野聖陽が元嫁の「一路真輝」と離婚した原因は「不倫」だった?動かぬ証拠・不倫写真はコレだ!


引用元:芸トピ

内野聖陽さんが元嫁・「一路真輝」さんと離婚したのは、2011年8月18日のことでした。

 

気になる離婚原因はズバリ「浮気」でした。しかも「W不倫!!だったようです。

 

2010年9月に写真週刊誌「フライデー」にて、「不倫現場」が報道掲載されました。

 

 

浮気相手の女性は一般人だったようですが、ネット上では元アイドル・河合奈保子さんの旦那であるヘアメークアーティスト・金原宜保さんが経営する美容院「FACE-T」の元店員だったという情報もあります。

 

実は、内野聖陽さんの「浮気」はこの時が初めてではなく、2007年頃にも別の女性と温泉旅行へ行っていたとのウワサがありました。

 

当サイトでは、内野聖陽さんの「浮気」だけではなく、「飲酒運転」にあるのではないかと推測します。

 

内野聖陽の浮気だけでなく飲酒運転疑惑があった?フライデーと一触即発状態に!?


引用元:芸トピ

 

内野聖陽さんは「不倫報道」をされた時、同時に「飲酒運転疑惑を報じられています。

 

当時の所属事務所の「文学座」は、「運転席にはマネージャーがいた」と完全否定しました。「文学座」の言い訳にフライデーは徹底抗戦。言い訳の効かない「証拠写真」を掲載します。

 


引用元:原寸画像検索

 

 

「文学座」は弁護士と共に「フライデー」と協議。しかし、かたくなに内野聖陽さん側は飲酒運転であることを認めませんでした。

 

そこで「フライデー」側は、徹底的に「待ち」に入ります。その後、2011年7月8日発売の「フライデー」の記事で、内野聖陽さんがまた”飲酒運転”しているところを、掲載しました。

 

TBS系で放送されていた「JIN-仁-」の坂本龍馬役で出演していた内野聖陽さんは、打ち上げの3日後に泥酔状態で「自転車」に乗って自宅に帰宅したという記事でした。

 

 

2010年10月6日に内野聖陽さんは、当時所属していた「文学座」の公式サイトで謝罪コメントを出しています

 

私、内野聖陽の軽率な行動が原因で、関係各社の皆様、そして、私を応援して下さるファンの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけ致しましたことを、心よりお詫び申し上げます

 

今後については「自身の社会的責任をより一層自覚し、身を引き締めて俳優業に誠心誠意取り組んでまいりたいと切に思っております」。

 

謝罪が遅れたことについては「舞台公演中につき、このようにご挨拶が遅れてしまいましたことを改めてお詫び申し上げます」と直筆で綴っている。

引用元:オリコンニュース

 

この謝罪の後の「フライデー」報道ということで、反省の色が感じられないのは、残念でなりませんね。

 

自家用車ではないにしろ、「自転車」もれっきとした「軽車両です。自転車には自家用車とは違い、「酒気帯び運転の場合」の罰則はありません。しかし、「酒酔い運転の場合」は、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。

 

2011年7月8日発売の「フライデー」の記事では、内野聖陽さんは道路にへたり込んでいた上、ふらふらの状態で自転車を走らせていたといいますから、間違いなく「酒酔い運転」をしていたことになります。

 

 

結局、離婚の原因は礼儀作法に厳しい元宝塚の方からすれば「浮気」だけではなく、日々ケンカも絶えなかったと言いますし、こうした「飲酒マナー」の悪さも離婚理由の一つだったのではないでしょうか。

 

内野聖陽と元嫁「一路真輝」との馴れ初めは?どんな人だったの?

 

内野聖陽さんが元嫁「一路真輝(いちろ まき)」さんと結婚されたのは、2006年8月のことです。

 

一路真輝さんは、1993年に宝塚歌劇団の雪組トップスターに就任していた人です。1996年に「エリザベート」の千秋楽を最後に宝塚歌劇団を退団しています。この「エリザベート」は宝塚でも人気の作品です。

 

退団後には「東宝芸能株式会社」に所属し、2000年にはタイトルロールとして東宝版「エリザベート」に臨み、その後2006年まで出演していました。

 

 

内野聖陽さんと「一路真輝」さんとの出会いは、2000年に公開された「エリザベート」の舞台共演でした。

 


引用元:grape

 

内野聖陽さんは、オーストリア皇妃エリザベートと禁じられた恋に落ちる「トート」役を演じ、一路真輝さんは「エリザベート」役を演じました。

 

舞台だけではなく、私生活においても恋人同士になった2人でしたが、内野聖陽さんは初めから「結婚願望はない」と公言していました。

 

しかし、一路真輝さんの方から猛アプローチを掛けて2006年5月に婚約を発表、2006年7月に妊娠が判明7月末に入籍する事になりました。

 

2006年8月に結婚した事を発表し、2006年10月に娘の「里緒」さんが誕生しています。

 


つまり、「デキ婚」だったのです。

 

内野聖陽さんが「結婚を望んでいなかった」のに、結果はデキ婚だった事から考えると、既成事実を元に、結婚を迫ったとも考えられます

 

だとすれば、ケンカが多いのも結婚生活が長く続かないのも当然ですね。ある意味、騙されて強制された結婚なんて、現代では誰も続けようとは思えないはずです。

 

ただ、内野聖陽さんは自分の子供はやはり可愛いらしく、離婚して親権は一路真輝さんに移っても、学校行事などには積極的に参加しているのだそうです。

 

子供が生まれた事で、一路真輝さんは、東宝芸能から育児を優先させるために長期休業するとの発表がありましたが、2010年3月に4年ぶりに舞台に復帰しました。

 

2009年頃からは夫婦ケンカが絶えないために、別居状態だったようですね。そして、2011年8月18日に結婚生活に終止符を打ったことをFAXで報告しています。

 

内野聖陽は現在小山あずさと交際中?再婚は近い?

 

2019年6月6日号の「女性セブン」が、内野聖陽さんの新しい彼女をスクープしました!

 

名前は「小山あずささん1985年生まれの173センチの高身長美女で、首都大学東京大学院を修了している超秀才だそうです。

 

歳の差は、なんと17歳年下の彼女だというから、驚きです。

 

2011年から、仲代達矢(86才)が主宰する「無名塾」に1年間在籍し、女優のキャリアをスタートさせた。

 

それからというもの、『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)や『デザイナーベイビー』(NHK)などのドラマに出演。ほかにも、田中哲司(53才)や田中圭(34才)が出演した『サメと泳ぐ』など数々の舞台にも積極的に挑戦している。

 

「内野さんは文学座出身で、今も舞台関係者と交流が続いています。小山さんが出演した『サメと泳ぐ』の演出を務めた千葉哲也さん(55才)とも内野さんは古くからの友人で、ふたりは千葉さんを介して知り合ったそうです」(前出・芸能関係者)

 

現在、小山は内野の自宅から自転車で20分ほどのところでアパート暮らしをしている

 

「自宅から内野さんの家に自転車で通っているそうです。同棲はしていませんが、鍵を渡されていて、内野さんの留守中も雑用をしてあげているようですね」(前出・内野の知人)

 

「お母さんはまだまだ元気で、内野さんの自宅に2~3日に1度は顔を出すようです。お母さんと小山さんが、2人で過ごすこともあって、すっかり“公認”ですよ。ふたりの仲のよさを知る友人たちからは“そろそろ結婚してもいいのでは”という声も出ています」(前出・内野の知人)

 

内野の実家は神奈川・横浜の由緒正しき寺院。父親はすでに他界し、長男の内野は、実家の寺を継がずに俳優の道に進ませてくれた母親に感謝をしている。周囲には「母親の面倒を一生見る」と公言しているという。

引用元:NEWSポストセブン

 

つまり、現在は「通い妻」状態のようですね。

 

もしかすると、早ければ年内、もしくは2020年度内には「再婚」の発表があるかもしれません。

 

 

ただ、前妻の一件で結婚についてはかなり慎重になっているはずなので、このまま「事実婚」という形をとることも十分考えられます

 

お相手の「小山あずさ」さんが子供を持ちたいかどうかが、「再婚」の鍵になりそうですが、現在ではそこまでの情報は出ていません。今後、新しい情報が出たら追記したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.