石田純一と東尾理子の子供が通う小学校はどこ?難関私立小学校を受験して合格した?


石田純一さんと東尾理子さんといえば、タレントとして幅広く活動されているご夫婦です。石田純一さんと東尾理子さんは2009年12月12日に結婚し、34歳と55歳の22歳の歳の差婚という事で話題になりました。

 

  • 石田純一と東尾理子の子供が、「難関私立小学校を受験して合格」したというウワサ
  • 東尾理子は「不妊治療を受けて子供を授かっている」とのウワサ

 

今回は、石田純一さんと東尾理子さんの子供たちに関するウワサをとりあげます。

 

石田純一と東尾理子の子供は「お受験幼稚園」の枝光会幼稚園から慶應幼稚舎or立教小学校へ進学?

 

東尾理子さんの教育熱心さからは並々ならぬ意気ごみを感じます。

 

息子の理汰郎くんは、超名門私立小学校受験の最難関校に合格したそうです。

 

息子・理太郎くんには、1歳の頃から週2回ほど、超高級プレスクール「ドルトンスクール」に通わせ、2016年4月からは、東京にあるお受験幼稚園、枝光会(しこうかい)系列の幼稚園に通っていました

 

枝光会系列の幼稚園は4校ほどありますが、枝光会駒場幼稚園麻布みこころ幼稚園に通っていたとみられています。

 

枝光会系列の幼稚園は、慶應義塾への受験合格率が高いと言われていて、東尾理子さんと石田純一さんは、息子さんが1歳の頃から慶應義塾横浜初等部への説明会に訪れている事や、公表されています。

 

小学校受験の中でも競争率13倍の最難関校といわれ、大学までの一貫教育の学校だといいます。小学校から入学した場合、通称『内部生』は99%の確率で大学までいける事が約束されている学校だそうで、大変な人気のある小学校です。

 

他にも有名私立小学校である、早稲田大学系列の早稲田実業や立教大学付属の立教小学校も受験したそうですが、東尾理子さんの息子さんが通う小学校は、「慶應幼稚舎」であるという説が有力です。

 


東尾理子の子供は何人?現在の年齢や性別は?【画像あり】

 

東尾理子さんと石田純一さんの間には、3人の子供がいます。

2012年11月5日に長男:理太郎くんを出産。

2016年3月24日に長女:青葉ちゃんを出産。

2018年4月9日に次女:つむぎちゃんを出産。

長男:理太郎君が現在6歳、長女:青葉ちゃんが現在3歳、次女:つむぎちゃんが現在1歳ですね。

 

東尾理子の3人目の名前は「つむぎ」ちゃん。出産年齢は42歳!

 

東尾理子さんが第3子を出産した年齢は、42歳の時です。

 

東尾理子さんは不妊治療の末、長女:青葉ちゃんを妊娠していますが、受精卵から胚盤胞に育った胚が1つ残っていて、破棄するか、お腹に戻すかを選ばなくてはならなかったそうです。

 

2人目を授かったときに凍結してあった受精卵が1つ残っており、「それをいつまでも残しておくか、破棄っていう表現をするんですけど破棄するか、体に戻すかっていう色んなチョイスをしなければいけないんですけども、私は“凍結”というだけあって寒いところで待ってくれているというイメージがあったので、暖かいお腹の中に戻してあげたいなって思って」と、3人目に挑む決意をした

引用元:マイナビニュース

 

妊娠確率5%~10%、40歳以上の流産確率は50%という低確率だったものの、「奇跡的」に妊娠・出産に至ったようですね。結婚すれば子供を授かるっていう事は当然のように思いがちですが、当たり前ではないのですよね。

 

東尾理子は不妊治療の末に子供を出産。第三子は体外受精?自然妊娠?

 

東尾理子さんは、子供たちは全員体外受精で授かった事を公言しています。

 

結婚した当時、すでに35歳を超えていた東尾理子さんは、結婚して半年経たずに不妊治療を始めます

 

タイミング法を8回、人工授精を6回しても妊娠には至りませんでした。プロゴルファーであった事から、排卵誘発剤が使用できなかった事も原因の一つだったようです。

 

 

子だくさんの夫婦がいると思えば、妊娠したくても妊娠出来ない夫婦もいます。お金をかけても授かれない場合もあります。辛い思いをして授かった子供だけに、子供に対する愛情と責任は人一倍でしょう。

 

第1子が生まれるまでは長く、辛い時間だっただろうと思います。東尾理子さんは、自身のブログで「TGP」という言葉を使い、不妊治療していることを発信し始めます。

 

そして「体外授精」に踏み切り、7回目の排卵。3回目の移植で、第1子妊娠。そしてついに37歳での初産に至りました。

 

石田純一と東尾理子の第3子はダウン症?


東尾理子さんは、2012年6月3日の自身のブログで、長男の理太郎くんを妊娠した際、「クアトロテスト」という、母体の血液を採取してダウン症や18トリソミー、開放性神経管奇形になる確率を調べることが出来る検査を受けた結果、82分の1の確率でダウン症の可能性があると診断された事を報告していました。

 

その時のブログ記事が第3子にまで影響して、「東尾理子の第3子はダウン症」と言われる要因になっているようです。

 

結論は、3人の子供はダウン症ではありません

 

東尾理子さんは、インスタやブログで子供たちの姿を隠さずに公開していますが、その一部を紹介します。

 

 

表情豊かで成長の遅さなどもなく、ゴルフを楽しむなど活発な子供たちだということが分かります。東尾理子さんは、どんな子が生まれても受け止める覚悟は出来ていると話していましたが、心配は杞憂だったようですね。

 

ただ、結果的にダウン症ではなかったのに、わざわざ公表していることについて、世間ではこんな意見もあるようです。

 


子供が欲しいと思うことは、大人になれば自然なことですが、人工的に作るというのは親のエゴでもありますね。

 

最終的に、子供自身が「生まれてきて良かった」と思える人生を送る事ができるように、導くことが大事なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.