哀川翔の娘・福地桃子は朝ドラ「なつぞら」に抜擢!「チアダン」などドラマやCMにも多数出演している!

俳優,タレント,歌手として活躍している哀川翔さん。

哀川さんにはなんと5人の子供がいて、なかでも娘の「福地桃子」さんの活躍がすごいとのウワサです。

 

  • 哀川翔の子供(娘)は実子?連れ子?どっち?
  • 哀川翔の娘なのに、名前が違う理由とは?
  • 哀川翔の娘が出演しているドラマやCMが知りたい!

 

今回は、哀川翔さんの子供の中でも、次女のウワサを中心に詳しく調べてみました。

哀川翔の娘・福地桃子は実子!minamimは長女?

 

哀川翔さんの子供たちについて調べると、「長女が2人」という不思議な言葉が出てきます。一体どういうことなのでしょうか。

 

哀川翔さんには5人の子供がいます。娘が2人と息子が3人います。その内、「哀川翔さんの実子2人です。それではなぜ、「長女が二人いる」という複雑な家庭環境になるのでしょうか。

 

哀川翔さんは1995年に元女優の青地公美さんと結婚していますが、実は青地公美さんには2度の離婚歴があります。

 

青木公美さんの前夫は音楽プロデューサーの多賀英典さん。アナログレコードの総生産数トップ5中3作品を生み出した超敏腕です。多賀英典さんと青木公美さんの間にはすでに「3人の子供」がいました。

引用元:エンタメニュース

 

哀川翔さんが結婚した時には、すでに嫁である青地さんに3人の子供がいたのですね。哀川翔さんが1995年に結婚した、嫁の青木公美さんはバツ2で、哀川翔さんと結婚した時にはすでに子供が3人いた、というわけです。

 

1984年7月19日生まれの長女:minamiさん、1988年生まれの長男、1991年生まれの次男:英介さん連れ子の3人です。

 

1996年8月10日生まれの三男:展成さん、1997年10月26日生まれの次女:桃子さん実子の2人です。

 

多賀英典さんと離婚した青木公美さんは1995年に哀川翔さんと再婚しましたが、多賀英典さんとの子供たちは、青木公美さんと暮らしていました。

 

そして、哀川翔さんと青木公美さんの間にも2人の子供が誕生。

 

人気ガールズバンドSCANDALのマネージャーを務める、連れ子の次男英助さんの苗字が哀川翔さんの本名「福地」ではなく実父の「多賀」であることからすると、おそらく哀川翔さんは連れ子たちと養子縁組はしていないのでしょう。

 

つまり連れ子であるみなみさんは、法律上は多賀英典さんと青木公美さんの長女であっても、哀川翔さんとの親子関係はありません

 

哀川翔さんの戸籍上の長女は実子である福地桃子さんです。

引用元:エンタメニュース

 

つまり、哀川翔さんの実子としての長女は、福地桃子さんですが、年齢的には青木公美さんの実子であるminamiさんが長女ということになります。

 

哀川翔の娘と名前が違う理由は「〇〇〇」?


引用元:Yahoo!画像

 

哀川翔というのは芸名です。本名は「福地 家宏(ふくち いえひろ)」さんと言います。つまり、次女の「福地桃子」さんは本名で活動されているのです。

 

哀川翔さんと青木公美さんが結婚した時、子供たちはどう思ったのでしょうか。

 

哀「それでも徘徊してたよ…徘徊してたんだけど…ある日『これじゃまずいな』と思って…『これは白黒はっきりつけないと、これはまずいぞ』と。で、『まず子供に聞いてくれ』って言ったんだよ。

 

要は『これ、結婚を前提に付き合っているけど、もし結婚ということになっても子供たち、文句ないか?』子供たちが『嫌だ』と言ったら、俺も嫌だからね。まず子供たちの許可を得たわけ。

 

どう?』『いいんじゃない?』って言うから『よし、まずOK』。次は親じゃない?お父さんは亡くなられてたから『お母さん、ちょっと北海道から呼んで。話をするから』と」国「奥さんの方のお母さんを呼んで…」

 

哀「まあうちは大丈夫だからね…まあそれで、お母さんを呼んで
『真面目に考えていますんで』という話をしたら『よろしくお願いします』と言われたから『よし、OK』って。それじゃあ、まあ迎えられるなと…そこからちょっと…ちょっと楽になったね」

引用元:Carat Woman

 

哀川翔さんは子供たちや、青木公美さんの母親にきちんと許可をもらってから結婚に至ったようです。

 

 

結婚して、一気に3人の父親になった哀川さん。「徹子の部屋」に長女のminamiさんと出演されたこともあります

 

連れ子と実子の子供がいる哀川翔さんですが、分け隔てなく全員自分の子供だと発言しています。5人もの子供を育てる事は並大抵の事ではありません。哀川翔さんは、それを全て受け入れて、仕事の活力に変えているのでしょうね。

 

哀川翔の娘・福地桃子は「足立梨花」に間違われるほど似ている?画像あり

 

哀川翔さんの娘・福地桃子さんは、「足立梨花さんにそっくり」だというウワサがあります。

 

写真を見る限り、確かにそっくり!!

 

 

芸能人・有名人の「そっくり度」を投票でランキングする「sokkuri?」でも、2019年11月時点で2位の870票を大きく引き離して1867票で堂々のトップ!

 

足立梨花さんは女優・グラビアアイドルとして活躍中ですし、バラエティータレントでもあります。活動内容がかぶっている分、顔だけでなく仕事でもライバルとして負けていられませんね!

 

哀川翔の娘(福地桃子)はドラマ「チア☆ダン」に出演?


俳優・哀川翔の次女で女優の福地桃子さんが2018年7月に放送されたTBS系金曜ドラマ『チア☆ダン』出演されていました。

 

福地は、チアリーダー部に所属する2年生で、チアリーダー部のナンバー2的存在の芦田さくら役を演じる。

「たくさんの方にパワーをお届けできるそんな作品に携わることができ、とても嬉しくどきどきしています」と心境を明かし、「この作品と同じようにパワーあふれる共演者の皆さん、スタッフさんに囲まれている現場なので、私も全力で挑みたいという気持ちでいっぱいです」と意気込んでいる。

引用元:ライブドアニュース

 

芦田さくら役は、1,000人を超える応募者の中からオーディションで選ばれたそうです。福地桃子さんは女優デビューは17歳の時。自然な演技が評価されての抜擢だったようです。

哀川翔の娘(福地桃子)は朝ドラ「なつぞら」に出演決定?

 

哀川翔さんの娘・福地桃子さんはNHKの朝ドラ「なつぞら」に出演しています!

 

広瀬すずがヒロインを務める、平成31年度前期連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)に、哀川翔の娘で女優の福地桃子が出演することが決定した。

 

NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは、大森寿美男によるオリジナル作品で、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が主人公。

 

今回の出演について福地は、「私は、朝ドラに出演させていただくのが初めてなのですが、出演が決まりましたということを聞いてから時間が経ったのにも関わらず、まだ全く実感が沸かず、今日はじめてキャストの皆様とお会いしてようやく始まるんだなぁと気持ちでおります。柴田家の一員としてなつと共に成長していけるのが今からとても楽しみです」とニッコリ。

 

連続テレビ小説100作品目という記念すべき作品というこについて、「朝ドラ自体に出させていただくこともすごく嬉しいことですが、100作目という記念すべき回に出れるということで、さらに身体がうわぁーと熱くなりました」とコメント。

 

祖母が現在も北海道に住んでいるという福地は、「はやく報告したいなぁという気持ちです」と笑顔で語った。

引用元:テレビドガッチ

 

哀川翔さんの娘・福地桃子さんが演じた役柄は、「主人公の父親の親友の娘・柴田夕見子」役で、のちに主人公夫妻と合同結婚式を挙げ、さらに同時期に妊娠出産することになるという重要キャラクターです大抜擢ですね!

 

オーデションは男女約2,500人の中から公正な書類審査・面接を経て決定したそうです。2019年の4月から9月までの全156回の放送ですが、記念放送の朝ドラということで、今後何度も取り上げられることになるでしょう。

 

今は無名に近い福地桃子さんですが、バラエティー番組にも多数出演していますし、これからじわじわと知名度が上がってくるのではないでしょうか。

 

哀川翔の娘・福地桃子は「gram」のCMに出演している!可愛い?ブサイク?

 

哀川翔さんの娘・福地桃子さんは2018年の「gram」のイメージモデルを務めています。

CMを見た視聴者のコメントがこちら。

 

 

ネット上では、哀川翔さんの娘・福地桃子さんが「ブサイク」だとか「女優に見えない」とか、「華がない」などの意見もありますが、ツイッターでは「可愛い」と話題です。

 

 

数々のドラマや映画のオーディション突破してきた福地桃子さん。CMでも素朴で一生懸命な雰囲気が伝わる演技だと思います。

 

哀川翔の娘・福地桃子がついに主演女優に抜擢!?

 

「哀川翔の娘」ではなく、「福地桃子」として女優になりたいと父親とは別の事務所に入るほど、女優魂をもった福地桃子さん。

 

チアリーダー部のナンバー2としての演技が評価されたのか、2018年2月9日に公開された映画「あまのがわ」のオーディションでは、他の候補者とは圧倒的に存在感が違うという評価をされ、満場一致で主演女優に決定しました。

 

 

福地桃子さんにとって、映画初デビュー作で初主演作品という記念すべき作品になりました。

 

主演を務める福地は、大好きな祖母から教わった太鼓の演奏が大好きな女子高生・琴浦史織(ことうら・しおり、17)を演じる。

 

人工知能の研究者である母・聡美(さとみ)の厳しいしつけから母とは不仲になり、自分の心を閉ざし、やがて不登校になるという難しい役どころ。

 

祖母の入院をきっかけに屋久島に一人旅立つことになった史織は、さまざまな人との出会いを通し、物事をやり抜くことや誰かのために行動することの大切さを学んでいく。

 

【福地】この映画を観て、普段あたりまえに過ごしている日常を見つめ直すきっかけになってもらえたらいいなと思っています。

 

舞台となっている屋久島や、自然の魅力が沢山詰まった作品になっています。ご家族やお友達など、大切な方と一緒に観ていただきたいです。

引用元:ORICON NEWS

 

映画の評価は上々のようです。

 

ちなみに、この映画の中に出てくる「OriHime」は、実在するロボットです。

 

 

この映画「あまのがわ」が、こういった遠隔ロボットの存在や、ALS・脊髄損傷などによって身体的な不自由を持つ人たちのことを知る・考えるきっかけになると良いですね。

 

 

最近の出演作品として、2019年11月2日に「なつぞら」のスピンオフドラマ「十勝男児、愛を叫ぶ!」がBSプレミアムで放送され、福地桃子さんが主演を演じています。

 

 

視聴者の満足度はとても高いようです。これは大ブレイクも近いかも!?

大女優になる資質は十分あると思うので、今後がとても楽しみな女優さんです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.